キトー君dxと包茎手術をした場合の比較について

キトー君dxと包茎手術をした場合の比較

キトー君dxと包茎手術をした場合の双方のメリットやデメリットや金額面からアプローチ比較をしてみました。
結構あなたもこのテーマに関してはわりと関心があるのではないでしょうか?

なぜならば仮性包茎であればいざ知らず、
カントン包茎や真性包茎であればまずは手術の前にキトー君dxのような包茎矯正器具を使って治せないか?
と誰もが考えるからです。
だって病院に行くことが非常に恥ずかしいですものね?

[比較表]

キトー君dx 病院での手術
キトー君dx 手術
包茎を治す為の治療方法 キトー君dxを使って狭い包皮輪を伸ばして包皮を剥けやすい状態にする 余った包皮を切除して亀頭を露出させる
メリット

自宅で手軽に包茎を治す事が出来る
9,800円からと手術に比べて格安
返金保証制度があるので安心
局止めも出来るので家族にばれる事もない
早ければ2週間で効果が出る

一人一人の患者さんの包茎具合に応じて最適な方法で手術を行う為に仕上がりがキレイ
手術時間は30分〜40分程度(入院の必要もなし)
通院も抜糸で1回程度
医師のもとで麻酔と手術を行う為に安全性が非常に高い
確実に包茎の悩みが解消できる

デメリット

医学的根拠はない為に確実性の部分で問題がある
毎日パンツを降ろしてキトー君dxのくちばしを包皮輪に入れて広げた状態で1日20分程度、放置しておかなければいけない煩わしさがある

病院に行く勇気がいる
美容整形の場合保険が効かないので場合によっては20万円近くかかる
医師の腕によっては傷跡が残って目立つ場合がある

料金 9,800円から

(保険適用)20,000円〜30,000円
(保険適用外)35,000円〜200,000円

[まとめ]

 

以上のような結果になりました。
あなたが特に関心があるのはやはり金額面ではないでしょうか?

 

ただ包茎手術にかかる費用は、
保険適用の場合は、2万円からですがこれはあくまでも泌尿器科で手術を行う場合です。
泌尿器科での手術はあくまでも機能面でしかアプローチが行われませんので、
当然手術跡に関する審美の部分は重要視されません。
よって包茎手術による傷跡はかなり酷く残った状態になる事は覚悟しておかなければいけません。

 

一方で美容整形外科の場合は、包茎手術+審美の傷跡が目立たなくする手術も同時に行っている為に、
保険適用外となり当然、
泌尿器科で手術を行う場合に比べてよりキレイな状態に仕上がる兼ね合いで含みを持たして、
3.5万〜20万近くになっています。
(手術方法によって料金が変わってきますし、病院によっては値段もまちまちです。)

 

一方でお金の問題もありますが、
例えお金があったとしても、やはり病院に行く勇気の事を考えれば、
まずはキトー君dxは7日間の返金保証制度もあるので、
キトー君dxを試してみてそれでも包茎が思うように治らないのであれば手術に踏み切るしかないのではないでしょうか?
(それが自然の流れなのではないでしょうか?)
誰だって自宅で包茎が簡単に治ればそれに越したことはありませんからね!

 

 

>>返金保証制度有り包茎矯正グッズ「キトー君」公式サイトはこちら