カントン包茎・治療方法・メリット・デメリット

カントン包茎の治療方法とメリット&デメリット

カントン包茎の治療方法とそれぞれの治療方法のメリット&デメリットを紹介致します。

 

カントン包茎の治療法は以下の2つになります。

1 医療機関での包茎手術
2 包茎矯正器具の使用(リングや下着タイプのもの)

 

[メリット&デメリット]

包茎手術 包茎矯正器具
包茎手術 リング
メリット

一人一人の患者さんの包茎具合に応じて最適な手術方法で手術を行う為に仕上がりがキレイ。
手術時間は30分〜40分程度。(入院の必要もなし)
通院も抜糸で1回程度。
医師のもとで麻酔と手術を行う為に安全性が非常に高い。
確実に包茎の悩みが解消できる。

費用が安い(数千円から購入できる)。
自宅でこっそりと包茎の矯正を行う事が出来る。

デメリット

病院に行く勇気がいる。
美容整形の場合保険が効かないので場合によっては20万円近くかかる。
医師の腕によっては傷跡が残って目立つ場合がある。

医学的根拠はない為に確実性の部分で問題がある。
矯正に時間がかかる。
自己判断のもとで矯正を行う為に皮が戻らなくなる危険性を伴う場合がある。
装着状態を公衆トイレや銭湯の脱衣所で見られる危険性がある。