カントン包茎とは

カントン包茎とは?

カントン包茎とは?
以下のような状態のペニスの事を指します。

 

カントン包茎

包皮の先端部分の包皮輪の狭窄の為に、
無理矢理包皮を剥こうとすると亀頭に引っかかってしまい元に戻らなくなり、
下手すると亀頭の部分が包皮によって絞め炊けられた状態になり、
亀頭部分が大きく腫れあがる危険性のあるタイプの包茎です。

仮性包茎の状態であれば亀頭のカリ首の部分が常に包皮に覆われていても、
その都度お風呂に入ってキレイに洗えば問題ありませんが、

 

カントン包茎の場合だと、
仮に剥けてカリ首を洗ったとしてもまた元に皮が戻らない可能性がある為に非常に厄介です。
その危険性から皮を下にずり降ろして、
キレイに洗わない状態が続くと、性病や包皮炎にもなりやすくなります。

 

なによりも性行為において、パートナーにも性病を感染させる恐れがあります。
その為にもカントン包茎は病院で治療する必要があります。

 

 

>>カントン包茎のデメリットはこちら